蜂蜜について

【はち工房こうけつのこだわり】

産地・蜜源・新鮮・混ぜ物無しにこだわった蜂蜜をお届けし、お客様の安全・安心・健康にお役立ちします。
寒暖差が大きな地域の植物花蜜は糖度や栄養価が高いと言われます。
岐阜県中津川市内に数か所の蜂場を持ち、みつばちを飼育しています。はちみつを収穫した場所・時期ごとに分けて蜜源別に保存しています。
自社で収穫した新鮮な蜂蜜だけをビン詰めし、外国産や他業者の蜂蜜や水あめを混ぜたりはしません。
ビン詰め作業や結晶(白くかたまる状態)を溶かす際には、40度以下の温度でしか加熱を行わず、みつばちが1年を通じて保つ巣内温度約35度に近い状態のはちみつです。
このような作業を丁寧に行う事で、花の香りや風味が強く、濃厚な味わいでもあと味がいい、本来天然はちみつの持つ高殺菌抗菌力や高い栄養価を失わない様につとめています。
はち工房こうけつの「初絞り蜂蜜」、「アカシア蜂蜜」、「百花蜂蜜」、「栗蜂蜜」で季節毎の味わいをご賞味下さいませ。
お客様の健康にお役立ち出来ましたら幸いです。
(こうけつ百花蜂蜜の蜜源は冬青(そよご)の蜂蜜が多く含まれており、そよご蜂蜜とも呼ばれます。)

 

【ハチミツの品質】

はち工房こうけつのハチミツは、岐阜県中津川市内で収穫した後に網と布で複数回こしただけの純粋ハチミツをそのまま瓶詰めしてお客様にお届けしています。天然ハチミツの中には、取り切れない白や茶色、黒色の浮遊物がある場合ございますが、これは花粉やプロポリスなどです。自然のもので食べても安全ですのでご安心ください。

 


【ハチミツの結晶】

ハチミツは、14度以下の温度が続くと結晶化(白く固まる)することがありますが品質には問題はありません。フタを緩めて50度以下の温度で湯せんして溶かしてお召し上がりください。60度以上の高温で加熱するとハチミツの香りや風味、殺菌抗菌力・高い栄養価が失われてしまう可能性がございますのでご注意ください。
湯せんを短時間しか行わないと結晶の小さなつぶが残る事があります。残っていると再結晶が短期間で起こりやすい為、50度以下の湯せんを数回行って頂く事をおすすめ致します。

 


【ハチミツの保管方法】

ハチミツは、直射日光・60度以上の高温を避けて常温場所で保存していただくようにお願いします。

 


【ハチミツを1歳未満の乳児に与えないでください】

天然で純粋なハチミツは高温殺菌をしていない、『生もの』です。乳児は腸が発達していないため、与えないようにしてください。